2019年7月11日、米国に本拠地を置く世界的な独立系資産運用会社であるインベスコ・アセット・マネジメント株式会社は、日本の公募投信で初めて、ブロックチェーン関連銘柄に特化して投資を行うファンドを設立したと発表した。

設立の背景として、同社はブロックチェーンは、インターネットに次ぐ技術革新として注目、その活用が進むことで、これまでの世界を変えるような新しいサービス・仕組みの出現が期待されているとする。

具体的には、システム運用のコスト低下やシステム障害・情報漏洩・改ざんのリスク低減に繋がる可能性があるブロックチェーン技術が、送金、物流、医療・保険を始めとしたさまざまな分野に活用され始めていることに注目しているという。

また同社の発表資料によると、業界の市場規模は2030年には自動車産業を上回り、世界で約340兆円にまで成長するという試算もあるという。

デジタル・アセットに特化した投資会社であるエルウッド・アセット・マネジメントが独自の分析に基づいて選定したブロックチェーン関連銘柄で構成されるインデックス:「エルウッド・ブロックチェーン・グローバル・エクイティ・インデックス(円換算ベース)」の動きに連動する投資成果を目指すという。

代表取締役社長兼CEOである佐藤秀樹は、次のように述べた。

「世界を変える技術と言われるブロックチェーン関連銘柄に特化したファンドを、日本で初めて一般投資家に提供できることを非常に嬉しく思う。人生100年時代において重要なことは、中長期に亘り成長する分野に投資することを可能にすることで、消費者の資産形成のお役に立つことであると確信している。今後も、運用会社として、消費者の資産形成の一助を担う投資信託商品の提供に注力したい。」

同社はエルウッド社と組んでロンドン証券取引所にブロックチェーンに特化したETFも上場させている。

ブロックチェーン業界に投資をするファンドは米国をはじめ、複数設定されてきているが、実際のところは想定より資金が集まっていないものも多いという。

ブロックチェーン関連企業の多くは未だプロジェクト段階だ。一方でブロックチェーン業界に投資をするファンドが設定されることにより、業界へ資金が流れてくるという側面もある。