2019年7月12日、米国大統領ドナルド・トランプ氏が公式Twitterアカウントでビットコインおよび暗号通貨に対して批判を表明した。

トランプ大統領は「私はビットコイン及び暗号通貨のファンではない」とし「それはお金ではなく、価値は非常に不安定で、空気(何もない)をベースにしたものだ」と主張した。また、トランプ大統領は「規制されていない暗号通貨は、麻薬取引や違法行為を助長することができる」と付け加えた。

特に、彼はフェイスブックが発行する予定であるLibraも暗号通貨とし、「フェイスブックやその他企業が銀行になりたいのならば、銀行と同様に、すべての銀行の規則に従わなければならない」と述べた。

続いて、トランプ大統領は米国ドルの価値についても強調した。彼は「私たちは、米国で唯一の通貨を持っている。それは何よりも強く、信頼性がある」とし「これは、世界で最も支配的な通貨であり続けるだろう。それを米国ドルと呼ばれる」と強調した。

トランプ大統領は暗号通貨に対し否定的な立場を示したことから、米国における暗号通貨に対する規制が緩和されるのは難しくなるかもしれない。むしろ暗号通貨が違法を助長するという視点に基づいて規制が強化される可能性も出てくる。

トランプ大統領がフェイスブックによるリブラ発行を完全に否定はしなかったが、銀行が準拠している法令に従うのならば、発行までの過程は容易ではないだろう。

折しも、トランプ大統領の発言があった同日午後に、日本ではビットポイントジャパンより約35億円相当の暗号通貨が不正流出するという事件がと発表された。