CAVSホームページより

米国オハイオ州を本拠地とするNBA(全米バスケットボール協会)所属のプロバスケットボールチーム「クリーブランド・キャバリアーズ(CAVS:通称キャブス)」およびその関連会社は、ブロックチェーンサービス企業である「ユナイテッドコイン(UnitedCoin)」と提携すると発表した。

今回の提携により、ユナイテッドコインはCAVSの「公式暗号通貨パートナー」として広告される予定だ。 NBAの公認ゲームである「NBA 2K」では、ユナイテッドコインがホームコートに表示されSNSでも一緒に紹介される。

両社は公式チャンネルを通じて「金融技術リソースを提供していてるユナイテッドコインとのパートナーシップを通じて、CAVSはブランド認識を再考する機会を得ることになった」と明らかにした。

ニック・バーラフ(Nic Barlagh)CAVS事業本部長は以下のように述べた。

「ブロックチェーン技術の発展に伴い、このような技術がファン文化や事業にどのような影響を与えるか事前に計画を立てることが重要だ。革新的な技術を所有しているユナイテッドコインと一緒にファンのためどのように技術を実装することができるか楽しみだ 」

ユナイテッドコインは、米国証券取引委員会(SEC)に登録されたブロックチェーンサービスプロバイダーである。電子メールや電話番号を使用して、暗号通貨を送受信できるサービスを開発している。またMasterCardと連携した暗号通貨デビットカードも発行している。

https://kr.thenodist.com/articles/34753