米国を本拠地とするグローバルショッピングモール「ニューエッグ(Newegg)」が決済方法にビットコイン(BTC)のオプションを追加する国を73カ国に拡大すると発表した。

同社は現在、世界80カ国以上に進出しており、今回の発表により、同社が展開するほぼすべての国でのビットコインを使用した決済を行うことができるようになった。

Newegg Global Sales社のアンソニー・チョウ(Anthony Chow)は以下のように述べた。

「5年前、私たちは、ビットコインを受け入れることができる最初の主要なオンラインショッピングモールの一つであり、早期の導入で顧客は、この新しい支払いオプションを迅速に体験することができた。ビットコイン決済サービスをグローバルネットワーク大半に適用することは、オンラインにおけるショッピング経験に革新をもたらすことである。」

2014年に米国の大手暗号通貨取引所である「BitPay」と協力し、米国とカナダで同社の顧客を対象に、ビットコインによる取引を開始した。

BitPayのソニーシン(Sonny Singh)最高経営責任者は今回の発表を受け、以下のように述べた。

「ビットコインは、ユーザーが電子メールを送るように簡単に送金できるようにし、ビジネスと消費者のために安全で安価な取引でありかつ全世界に機会を開いてくれる。Neweggはこの機会に注目した最初の会社の一つであり、世界中のほぼすべての顧客にビットコイン決済を拡大してきた」

現在対象外としているのは、アルジェリア、エクアドル、エジプト、インドネシア、モロッコ、そしてベトナムの6カ国としている。

ソース:https://www.newegg.com/bitcoinaccepted