2019年7月26日、中国の高級酒類卸売業者である「Oranco,Inc.(以下「Oranco社」)は、偽造認識に関するブロックチェーンを活用した同社の独自技術が正式に実証段階に入ったと発表した。

2018年8月20日、同社は子会社でを通じてGuangzhou Silicon Technology Co.、Ltd.(以下「GSTC社」)と契約を締結した。GSTC社はブロックチェーン技術ソリューション開発と技術サポートを専門とする会社で、Oranco社の高級アルコール飲料の識別と偽造防止のため新技術を開発していた。   

両社は、独自性、データ改ざん防止、取引の追跡可能性などのブロックチェーン技術の特性を特徴とするメカニズムを構築することにより、Oranco社が販売するお酒およびその他の高級製品が本物であるという証明するという。この技術が商品の価値を高めるという。

具体的なフローとしては、GSTC社がOranco社の高級製品の真正性を検証し、それらが物理的手段によって変更または交換されていないことを確認する。その後、高価なアルコール飲料製品のブロックチェーン上に独自のデジタルIDを作成する。

Oranco社のCEOであるPeng Yang氏は、次のように述べた。

「お酒の識別のために開発していたブロックチェーンソリューションがテスト段階に入ったことを報告する。ブロックチェーンの検証機能により、高付加価値なアルコール飲料の製造過程と信頼性を確実に保証することが可能になると考えている。この技術は商品の真正性を保証し、当社の高級製品の価値をさらに高めるだろう。今回のような刺激的なステップに続いて、ブロックチェーン技術のさらなる調査と活用を進めたい。」

ソース:https://www.globenewswire.com/news-release/2019/07/26/1892523/0/en/Oranco-Inc-Announces-New-Development-in-Blockchain-Based-Liquor-Identification-and-Collection-Technology.html