エン・ジャパン株式会社、日本マイクロソフト株式会社株式会社SKILLは、HR分野におけるブロックチェーンの活用および実用化に向けて、コンソーシアムモデルのブロックチェーンの構築や共同検証をはじめとする連携を開始したと発表した。

昨今、学位や職歴、研究データ管理などに対するブロックチェーン技術の適用可能性の検討が様々な機関や企業によって行われているが、具体的かつ有用なサービスとして社会実装できている事例がまだ少ないという。3社はブロックチェーン固有のユーザビリティやコスト、スケーラビリティなどの課題があり、それがブロックチェーンを活用したサービスの普及を妨げている要因の一つだとする。

今回構築するコンソーシアムモデルのブロックチェーンは、特定の事業領域に関係する限定された数の企業のみが検証者(バリデーター)のノードとなってブロックチェーンを運用することで、コスト削減やスケーラビリティの課題を軽減することができるプラットフォームとなる。

HR分野で取り扱われる情報領域にフォーカスし、職歴情報や学歴情報など人材に関する様々なデータの証明情報を記録し、ユーザーがデータの所有権とその内容について自分自身で証明情報を確認できるチェーンを運用していくという。

エン・ジャパンおよびSKILLの2社が分散してノードを運営し、SKILLと日本マイクロソフトが共同研究により構成の検討や検証を行い、コンソーシアムチェーンに関するインフラ面およびビジネスサポートの実サービス化を行う。また、日本マイクロソフトは「Azure」におけるブロックチェーンの技術支援を提供し、3社は連携してコンソーシアムの運営におけるブロックチェーンの技術的な課題や運営課題の整備などを行うという。

現状のメインネットでは処理スピードの課題がチェーン上で展開するサービスに大きく影響する。
一方コンソーシアムチェーンには比較した場合、以下のような特徴がある。

コンソーシアムへの参加とコンソーシアム型ブロックチェーンを利用することによって、一社のみで構築するプライベートチェーンと比較し、信頼性が高くユーザビリティの高いブロックチェーンサービスの構築が可能になるという。また、本プラットフォームを活用することでインフラの構築や構成検討に時間を費やすことなくプロダクト開発に集中できるというメリットを得ることもできるという。

今後はコンソーシアムチェーン活用計画としてSKILL社から職歴情報の証明に関するサービスをリリース予定だという。また、エン・ジャパンは人材の採用、教育、評価事業とブロックチェーンを連携させることで、さらなる「入社後活躍」の実現に寄与できる事業の検討を進める。

日本マイクロソフトは、パブリッククラウドサービス「 Microsoft Azure 」をベースとしたブロックチェーン技術の社会実装拡大に向け、HR分野だけでなく各事業領域におけるコンソーシアムチェーン運営の技術支援を行っていくようだ。