2019年7月30日Ripple社は、同社が提供する大学におけるブロックチェーン研究支援事業である「University Blockchain Research Initiative(UBRI)」に新しく京都大学と東京大学が参加したことを発表した。

このイニシアチブは現在、世界14カ国から33校の大学がパートナーとして参加しており、共同での学術研究、技術開発、ブロックチェーン技術の革新、暗号通貨、デジタル決済をさらに加速させることを目的としている。

すでに東京大学と京都大学では一部提携をはじめており、京都大学大学院人間総合生存学館では、地球規模の問題に取り組むため、工学、ビジネス、公共政策などを含む学際的アプローチに基づいたワークショップや研究プロジェクトを行っている。

現在、移民労働者の送金、難民のデジタルID管理、京都における伝統産業のサプライチェーン管理に対してブロックチェーン技術の適用などを研究しているという。

また東京大学経済学部では、ブロックチェーンに関する公開セミナーを開催。また学部内の教授たちによって、進化する金融システムや規制に関する枠組み、金融業界における暗号通貨の監督やブロックチェーンの活用などといった研究プロジェクトを実施している。東京大学は、次世代イノベーター育成の取り組みとして、研究に参加した学生に対し奨学金も授与するという。

Ripple社のグローバルオペレーション担当であるEric van Miltenburg氏は、次のように述べた。

「世界中に広がるUBRIのネットワークを多く大学に拡大させることで、ブロックチェーン技術及びそのユースケース開発は促進され、加速することになるだろう。」

UBRIが提供するプログラムは、実際にブロックチェーン技術を活用する次世代エンジニア、ビジネスリーダー、起業家および専門家を育成する態勢を整えているという。

Ripple社のグローバルオペレーション担当シニアディレクターの吉川絵美氏は以下のように述べた。

「日本は暗号通貨とブロックチェーン分野において先導的な地域になりつつある。この分野に関する学術界からの高い関心を目の当たりにしている。リップルは、ブロックチェーン、分散コンピューティング、銀行業務、およびフィンテックなどの分野で、将来の戦力となるような学生を参加させ、刺激することにコミットしている。」

UBRIは世界のトップ大学と提携して、研究、カリキュラム開発、会議とイベント、そして奨学金を支援する。

ソース:https://www.ripple.com/insights/ripple-expands-ubri-program-to-japan/?utm_source=twitter&utm_medium=organic_social