ブロックチェーンゲーム制作会社「Dapper Labs」は、全米プロバスケットボール協会(NBA)、全米バスケットプレーヤー協会(NBPA)などと協力して、ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」を開発すると発表した。

「NBA Top Shot」は自分の理想とするチームを編成することができるブロックチェーンゲームだ。チームや選手を育成できるだけでなく、NBA選手が実際にリーグでプレーした内容も反映される仕組みだという。こういったプレーをブロックチェーン技術を用いてトークン化することによって価値を持たせるという。

またNBAファンはプラットフォームを通じて、自分の好きなシーンを購入、所有、交換することもできる。またオンライン上で開催されるトーナメントゲームでは保有しているトークン(好きなシーン)などを使用できるという。

運営会社であるDapper Labs社は、2017年11月にDappsゲーム「クリプトキティ」を開発したことで有名だ。その後サムスン電子傘下のサムスンネクスト、Googleベンチャーズ、ロックフェラー一族が設立した投資会社ベンロック、クリプトファンドのGBICなどから約1,500万ドル(約16億円)を資金調達している。

Dapper Labs社の代表は以下のように述べた。

「Dapper LabsがNBAおよびNBPAと協力して、スポーツファンのための新しいデジタル体験を生み出したことを誇りに思っている。バスケットボールファンはNBA Top Shotを介して自分の好きな選手、チーム、他のファンをまったく新しい方法でみつけることができる。」