Amazon Web Services(AWS)は、同社が独自に構築する「Amazon Managed Blockchain(AMB)」を同社のクラウドストレージサービス「AWS Cloud Formation」で提供できるようになったとウェブサイトで発表した。

AMBは複数のAWSアカウントにまたがるようなスケーラブルなブロックチェーンネットワークの作成と管理を容易にする。

またAWS Cloud Formationは、クラウド上のリソースをコードとしてモデリングおよびプロビジョニングができる。

AMBをCloud Formationで利用できることにより、新しいブロックチェーンネットワークを作成やネットワーク構成の定義、メンバーを作成して既存のネットワークに参加させたり、メンバーやネットワークの詳細(投票規約など)を簡単に作成することができるようになる。

今までは、他社が提供するプライベートブロックチェーン構築ツールを用いてアプリケーション開発を行っていたが、今後はAWS上で一貫して行うことができるようになるという。

今後は少ない動作で、複数のAWSアカウントや領域にまたがるクラウド環境のインフラストラクチャリソースにおけるプロビジョニングを簡素かつ標準化が可能となる。効率が向上し、手動エラーのリスクも低減し、長期にわたる一貫した構成が保証されるという。

ソース:https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2019/08/amazon-managed-blockchain-now-supports-aws-cloudformation/