NEMの概略

NEMは2015年3月に最初のブロックが生成されたブロックチェーンである。

当初は「New Economy Movement(新しい経済運動)」をキーワードに始まった。コンセンサスアルゴリズムに「PoI (Proof of Inportance)」という、アカウントが保有している基軸通貨(XEM)の保有量に加え、送金量などのアカウントのアクティビティを評価する仕組みを採用している。

NEMはイーサリアムのようにブロックチェーン上で任意のプログラムを実行する環境はないが、トークンの発行機能などいくつかの機能がネイティブで備わっており、それらはAPISDK経由で使用することができる。なので既存のWeb開発と同じ要領で自分たちのサービスにブロックチェーンを組み込むことができる。

日本においてNEMは比較的人気のあるブロックチェーンであり、日本発のNEMウォレット「RacoonWallet」や歩くとトークンが貰えるサービス「FiFiC」、投げ銭出来るブログ「nemlog」などのサービスがリリースされている。

性能の向上、機能の強化された次世代のコアエンジン「カタパルト(Catapult)」の開発も進んでおり、パブリックチェーンへのリリースも間近に迫っている。

NEMの特徴

コンセンサスアルゴリズム

現行のNEMはコンセンサスアルゴリズムとして、先述したように「PoI(Proof of Inportance)」を採用している。

PoIはアカウントがネム(XEM)専用のウォレット「Nano Wallet」にある保有しているXEMの量に加え、約30日以内の取引量、取引相手、保有期間も考慮されたスコアによって、ネットワーク運営にどれだけ貢献したかを評価する仕組みとなっている。既得残高が10,000XEMを超えたアカウントであれば、相対的に保有量が少ないアカウントでも、ブロック生成のチャンスを得やすい仕組みとなっている。

NEMでは、ブロック生成時にそのブロックに含まれているトランザクション手数料を得ることができ、これを「ハーベスト(収穫)」という。

ハーベストは自分でノードを建てなくても、他の人が建てているノードに委任することもでき、既得残高が10,000XEM以上あれば誰でも気軽に参加することができるのが特徴だ。

ビルトイン機能

NEMには、任意のプログラムを実行する環境が備わっていない代わりにいくつかの機能があらかじめ備わっている。

任意のプログラムを実行できる環境が備わっていないのは弱点に見られがちであるが、堅牢性を確保しつつ、ブロックチェーンを利用したサービスを手早く提供することを可能になる。

マルチシグアカウント

NEMにはあらかじめ定めた連署人のうち一定数の署名を集めないとトランザクションが有効にならない仕組みが備わっている。

またマルチシグアカウントの連署人は、後から変更することもでき、マルチシグを利用し権利の譲渡を行うこともできる。

ネームスペース

Webのドメインのようなもので、NEMエコシステム内で使える任意の名前を取得が可能だ。

ネームスペースは、送金先のアドレスの代わりになったり、後述するモザイクを作成する際に必要になる。

モザイク

モザイクを使うと、NEM上でアセット・トークンを発行することができる。

モザイクでは以下のパラメータを設定することが可能だ。

  • モザイク名
  • 説明文
  • 発行量
  • 可分性
    • 小数点の有無、桁数
  • 供給量変更可否
    • あとから供給量が増減できるか
  • 譲渡許可
    • 不可にすると発行者と受取人の間でのみ送受信可能、受取人が他の人に送信することはできない。
    • 可の場合、任意に送受信可能
  • 徴収
    • モザイクを送信する際に、他のモザイクを徴収する

カタパルトとは?

「カタパルト(Catapult)」とはNEMの次世代コアエンジンで、性能の向上や機能の強化、コンセンサスアルゴリズムの見直しなど全面的な刷新が図られている。

コンセンサスアルゴリズム

カタパルトではコンセンサスアルゴリズムとして、「PoS+」が採用されている。現行のNEMで採用されているPoIでは計算過程で重い処理が入っており、スケーラビリティに課題があった。

PoS+では重い処理を省きつつ、XEMの保有量に加えて、支払ったトランザクション手数料ベースでアカウントの活発さを測定し、重要度を計算する仕組みになっている。

これにより、スケーラビリティを課題をクリアしつつ、PoIでは評価されなかったモザイクの送受信やネームスペースの登録などNEM上の活動を全般的に評価されるようになる。

強化された機能

カタパルトでは、エンタープライズでの利用も意識し、現行NEMの機能に加え以下の様な機能が追加されている。

アグリゲートトランザクション

アグリゲートトランザクションを使用すると複数のトランザクションを1つにまとめることができ、ひとまとめにしたトランザクションは全てが成功するか失敗するかになるので、利害関係が複雑な取引も安全に行う事ができるようになる。

マルチレベル・マルチシグアカウント

現行NEMのマルチシグアカウントは1階層しか設定することが出来ないが、カタパルトでは複数階層設定することができるようになる。

これによりワークフローのような仕組みがより実現しやすくなる。

アカウント制限

アカウント制限を使用すると指定したアドレスからのトランザクションのみを受け入れたり、指定したモザイクのみを受信できるようになるなど、アカウントの安全性を高めることが可能になる。

指定したアドレスからのトランザクションのみ受け入れる
特定のモザイクのみ受信する

カタパルトリリース後に期待されること

カタパルトは執筆時点(2019年8月5日)では、プライベートチェーンの製品版がリリースされ、パブリックチェーンは2019年4Qのリリースを目標にレビューや移行に向けての議論などが進んでいる。

カタパルトは前述の通り、強化された機能や性能向上などより実社会で使われることを意識したブロックチェーンとなっている。

パブリックチェーンとプライベートチェーンでトークンを行き来できる仕組みや、プライベートチェーンの存在をパブリックチェーンにアンカリングして、プライベートチェーンを監査できる仕組みも構築されている。

つまり、用途に応じてパブリックチェーンとプライベートチェーンを使い分けつつ、それぞれのメリットを活かしやすくなる。

NEM・カタパルトはあらかじめ組み込まれた機能をAPIやSDKを利用して使う仕組みのため、他のブロックチェーンに比べて一見すると地味で面白みに欠けるかもしれない。

しかし、これによりどこにブロックチェーンを使えば良いかをフォーカスすることができ、ブロックチェーンを使ったサービスを素早く届ける事ができる。

既にカタパルトのパブリックチェーンでのリリースを前提としたサービスの開発が始まっているところもあり、カタパルトによって実社会でブロックチェーンが使われる機会が多くなっていくと期待したい。

日本のNEMコミュニティのこれまでの活動

世界の各国にあるNEMコミュニティの中でも日本のNEMコミュニティは活動的であると言われている。

「nember」と呼ばれる人々は、NEMを使ったサービスの企画やプログラム開発、コミュニティの活性化としてイベントを開催したりしている。

そこではトークンエコノミーに基づいた新しいサービスアイデアの具現化や実験を行っている。

また、エンジニアを中心とした活動として、「NEMもくもく会」が有志で毎月開催されていたりもする。

東京・大阪を中心に、NEMを使ったサービス開発やプログラムを一緒に学ぶ場として活発な議論がされている。

【開催された主なNEMコミュニティのイベント】

  • 2017年12月:世界初のNEMを使ったフリーマーケット「nemket」開催
  • 2018年1月:NEMミートアップin東京
  • 2018年3月:NEMミートアップin名古屋
  • 2018年5月:プログラミングとデザインをテーマにした「NEM Creators Festival」開催
  • 2018年5月:福岡でnemの日本コミュニティイベント「nemcafe」開催
  • 2018年7月:NEMミートアップ in 仙台

NEM関連のサービス