2019年8月21日、株式会社ディーカレットは、暗号通貨を中心とした暗号通貨取引以外のサービス展開の第一弾として、投機目的とは異なる暗号通貨の「電子マネーチャージ」サービスを提供開始したと発表した。

また同時にレバレッジ取引サービスの提供とイーサリアムの取扱いを開始した。

これまで、暗号通貨は法定通貨に交換後、銀行口座へ送金して使う必要があった。今回のサービス提供により暗号通貨をモバイル上で電子マネーに交換し、店舗での決済に利用できるようになる。

顧客は、DeCurretアプリから対象ブランドを選び、チャージ額を入力するだけで、保有する暗号通貨を電子マネーにチャージすることができるという。また、複数の暗号通貨を組み合わせてチャージできるなど、保有する資産に合わせて利用することができる。 

 対象ブランド 

プレスリリースより

さらに、今回のサービスリリースでは、レバレッジ取引の提供を開始。高速エンジンによる大量の約定処理、ロスカット自動発動など、相場変動によるリスクに備えた機能を搭載しているという。また、取り扱い暗号通貨にイーサリアムが追加され、現物取引・レバレッジ取引ともに、ビットコインビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコインリップルの5種類が取引可能となった。 

プレスリリースによると4STEP で保有している暗号通貨を電子マネーにチャージ・交換ができるという。その際、同社所定レートを用いて法定通貨(円)に換算されるという。

auWalletの場合、バーコードやQRコードをつかった新たなスマホ決済サービス「au PAY」や「au WALLET プリペイドカード」「Apple Pay」での決済サービスで買い物の支払いに利用できるようになる。
なおKDDIの調べでは、暗号通貨の出金先として、コード決済サービスを選択できるようになるのは「au PAY」が初だという。

KDDIのHPより

チャージ/交換金額の概要

  • 1回あたりの最低チャージ/交換申請額1,000円(各電子マネー共通)
  • 1回あたりの最高チャージ/交換申請額
    • 楽天Edy:25,000円
    • nanaco:29,000円
    • au WALLET:プリペイドカード100,000円
  • チャージ/交換申請額の単位
    • 10円単位(最低チャージ/交換申請額1,000円から10円刻みで金額設定が可能)
  • 毎月のチャージ/交換申請上限額合計100,000円
    ※毎月1日から月末までの合計

1回あたりのチャージ額に関する手数料

  • 3,000円以上:無料
  • 3,000円未満:108円相当額(税込)
プレスリリースより

サービス詳細:https://www.decurret.com/service/ 

国内の暗号通貨取引所は、既存の決済サービスと暗号通貨を直接結びつけることで、裾野を広げようとしているようだ。先日、bitFlyer社がTポイントで暗号通貨を購入できるサービスを発表している。

関連記事:「ビットフライヤーがTポイントと連携し、T会員約6,900万人を視野に」