イーサリアムブロックチェーンのキャパシティは限界が近く、スケーラビリティは今なおイーサリアムネットワークの最も深刻な問題としてヴィタリック・ブテリン氏を悩ませている。

8月19日、カナダの暗号通貨メディア「The Star」によるブテリン氏へのインタビューで明らかになった。

ブテリン氏によるとこの問題は現在、イーサリアムエコシステムに関心のある大企業にとっても最大の障害になっているとし、現在の状況について説明した。

「(イーサリアム)ブロックチェーンがほぼ限界なので、スケーラビリティは大きな問題だ。大企業の認識では、イーサリアムに参加するとブロックチェーンのキャパシティが限界を迎えるだけでなく、トランザクションスペースについても他企業と競争しなければならないと理解されてしまっている。既に高価だが、仮に大企業が(イーサリアムネットワークに)参加すれば5倍の費用がかかるようになる。こうした状況は(大企業による)参加の妨げになる。」

ブテリン氏によると、こうした状況を改善するにはネットワーク上の各コンピューターが各トランザクションを承認するというモデルから離れ、1台のコンピューターがブロックチェーン内の、ある一定数のトランザクションを承認するというモデルに切り替える必要があるという。ただこうしたアプローチは大幅なコスト削減に繋がる一方で、セキュリティを損なうという問題を抱える。

またスケーラビリティやその他の技術的な改善点の他に、ブロックチェーン技術はまだ人々が実際に使用するものになってないという課題が残る。

「問題はスケーラビリティだけではない。ユーザビリティ、セキュリティ、プライバシーにもまだ課題がある。技術的な観点では改善されていると思うが、人々が積極的に使用するものにするにはどうしたらいいだろう?」

ブテリン氏は頭を抱える。さらに各国の政府の役割について以下のように話した。

「政府には様々な役割があり、その役割の1つは規制整備だ。ブロックチェーン上でトークンを直接販売することにより、新しいプロジェクトの資金調達を行うといった暗号通貨交換に関するものが一般的な懸念だろう。特定のICOが法的に証券に分類されるかどうかについては多く議論がなされている(中略)規制当局は(これらの問題に)間違いなく取り組んでいるはずだが、多くの点が未だに解決されていない。」

ソース:https://www.thestar.com/business/2019/08/19/ethereums-vitalik-buterin-on-reducing-cryptocurrencys-risks.html