上場会社リミックスポイントの子会社で、暗号資産取引所を運営する株式会社ビットポイントジャパンは、2019 年12月10日より暗号資産の受金(預入)サービスを再開することを決定したと発表した .

同社は、2019 年7月 11 日に発生した仮想通貨の不正流出事件後、原因の解明及び再発防止のため各種対応を進めていた。今回、暗号資産を管理するウォレットシステムの全面的な刷新が完了。顧客から預かる暗号資産をすべてコールドウォレットで管理すること、及び暗号資産に対するマルチシグニチャーの導入等によりセキュリティを強化し、暗号資産の送受金をはじめとする取引の安全が確保されたと判断したようだ、

これにより、同社に口座を保有する顧客については、不正流出事件が発生する前に提供していたすべてのサービスを利用することができるようになる。

顧客預り暗号資産は100%コールドウォレットで管理

同社は今後、顧客から預かった暗号資産はすべてコールドウォレット(インターネットから完全に遮断された状態で仮想通貨を保管するウォレット)で管理するという。新たなウォレットシステムの稼働に伴い、追加的なセキュリティ施策を講じた上で、顧客の暗号資産は 100%コールドウォレットで管理する。

新規口座開設の受付再開については未定

事件の発生に伴い、停止している新規口座開設の受付については日程は未定とし、暗号資産の送受金再開後、安定的な業務の実施に支障がないことを確認した上で再開するとしている。