ポーランドが保健分野において、ブロックチェーン技術を利用しようとしている。

デジタル技術導入部のブロックチェーン作業部会メンバーである、ザワルスキ氏は、カトヴィツェで開催された、第4回健康問題会議(2019年3月7日~8日)で以下のように述べた。

「ポーランドでは、既存ITプログラムが複雑だ。整えるのには追加予算も必要であることから、全国共通の電子医療記録(EDM)システムの整備が進んでいない」

さらに、保健省の副事務局長ツェシンスキー氏は

「医療記録のベースとなる紙文書(カルテ)は発行されてから長い年月が経過しており、実際には効果的に運用されていない」

と指摘する。

ザワルスキ氏はブロックチェーンの可能性について

「ブロックチェーン技術を使用することで、エストニアや他の国々のように、全国共通の医療記録システムをポーランドに導入することができる」

と話す。

さらに彼は、多数のオブジェクトからデータを生成して保存するブロックチェーン技術の特徴に着目し、以下のように述べた

「データが複数のオブジェクトに分散していて、長期の保存が必要な場合において、ブロックチェーン技術がうまく機能する。ただし完全かつ安全なストレージが重要である。」

https://bits.media/polsha-sozdast-edinuyu-sistemu-meditsinskikh-kart-na-blokcheyne/