4月にマイクロソフト(Microsoft )の人工知能に基づいたブロックチェーン技術を採用した、「アスタマニャーナ(Astamanyana)」というカフェがロシアのサンクトペテルブルクにオープンする。

顧客サービスをパーソナライズするため、マイクロソフトのテクノロジーを利用し、顧客の好みや感情を分析し、その結果に基づいて飲み物や特別なオプションなどを推奨するという仕組みだ。

さらにAIを使用することによって、店舗への訪問者数を予測したり、スタッフのシフトや在庫管理を最適化し、カフェメニュー提供を効率化することができるという。

またブロックチェーンを活用した「Trace Coffee Beans」というシステムでは、QRコードを使用し、顧客にコーヒーの種類、原産国、収穫日、加工方法、焙煎方法などに関する情報まで提供する。

アスタマニャーナの経営者はまた、モバイルアプリとコーヒーのオンラインストアを立ち上げる予定だという。

同社は2019年末までにサンクトペテルブルクにあと3店舗、2020年までにモスクワで2店舗オープンする予定だとしている。

https://rb.ru/news/ai-cafe-russia/