ロシアを本拠地としているブロックチェーンプラットフォームWavesは資金調達第2ラウンドの計画について公表した。そこでは自らのVostokプロジェクトに向け1億2000万ドルを調達する予定であるという。

第2ラウンドは今年5月31日までに完了するという。Wavesは”VST”トークンを1トークンあたり1.2ドル、合計1億トークン発行し、資金調達ラウンドでは総量10%のトークンが販売される見込みだ。同ラウンドは、ロンドンの投資会社Dolfinの協力を得て行われる。

「今回行われるVostokプロジェクトの目的は、株式投資やベンチャーのファンド、また機関投資家を多く獲得することだ。私たちはこのプロジェクトを継続できること、企業と投資家としての観点からこのプロジェクトに対する関心が高まっていく過程に携わることができることを嬉しく思う。」


Dolfin代表 デニス・ナギー(Dnis Nagy)

Wavesの創業者兼CEOのアレクサンドル・イワノフは、各国で独自の統合プロジェクトを始動させる予定であると述べた。

「それらの統合プロジェクトにより、パートナーはブロックチェーンプラットフォームVostokに基づいたソリューションの導入、利用ができるようになる。ロシアのズベルバンクを含むいくつかの大企業は、既にプロジェクトテストを開始している。またヨーロッパ、中国、東南アジアでの交渉も行われる予定だ。」

また、彼は以下のように強調する。

「ブロックチェーンプラットフォームVostokは、Wavesを開発した際に研究した技術的な土台やイノベーション、人工知能、ビッグデータ、IoTといったその他技術と統合するだろう」

3月初め、プラットフォームのサイトは大規模な更新を経て閉鎖された。その後数日でサイトは再開し、サイトが再開すると、プラットフォーム「Waves」はWeb3.0への移行を計画していることが明らかとなった。

https://bits.media/waves-planiruet-sobrat-120-mln-na-razvitie-proekta-vostok/