暗号通貨価格は、2017年から2018年初頭にかけて高騰していた状況と比べると、依然低迷しているものの、暗号通貨・ブロックチェーン産業にはフィンテックの主要関係者が参画し、全体としては一貫して発展している。
その中でさまざまな変化が起きている。

2019年はまだ始まったばかりであるが、暗号通貨産業ではJPモルガン・チェースやサンタンデールグループのような既存の大手金融機関が暗号通貨の実態調査を行うなど、既に大きな動きが見られている。

ブロックチェーン技術への注目度が上がりつつある

ブロックチェーンがことさらに注目されていると報告しているのは、監査、税務、及びアドバイザリーサービスを提供するKPMGだ。
KPMGはテクノロジー産業におけるグローバルリーダー、12カ国740人以上を対象に調査し、”The 2019 Technology Industry Innovation survey”というレポートの中でブロックチェーンの注目度が上がっていることを裏付ける調査結果を公表した。

調査結果によると、テックリーダーの41%が、今後3年間で、ビジネスにブロックチェーン技術を導入する可能性があるという。調査に協力した者の残りについては、31%が中立的でどちらも可能性もあると回答し、28%が今後3年の間にこの生まれたばかりの技術は導入しないだろうと回答した。

さらに興味深いのは、ブロックチェーン技術は今後3年間でテック系企業のビジネスモデルを変えるだろうか、という質問に対する回答結果は、先ほどとよく似ていた。48%が変える/おそらく変える、24%が中立である、27%がおそらく変えない/変えないと回答している。

最近のKPMGのブロックチェーン調査の結果やフォーブスの報告によると、ブロックチェーン教育の先駆者である「B9lab」の共同創業者ダミアン・ドゥコーティ(Damien Ducourty)は、ブロックチェーン技術は産業構造を変える力をもっていると述べたという。

「起こりうる変革の一助となることも、変化や試行の構想を練ることも、既存の制度を合理化することも出来る。多くの企業は、それらに同時に取り組むことであらゆる選択肢を残しているようにみえる。」

各産業に影響を与えると予測されるブロックチェーン技術

KPMGのブロックチェーン調査には、最も影響を受けるであろう産業、さらにブロックチェーン技術の課題と利点に関する質問もあった。

今後3年間で最もブロックチェーンの影響を受ける産業としては、IoTが27%、取引が22%、サイバーリスク(の減少)が20%、コントラクトが18%という回答であった。

ブロックチェーン技術実装により起こるであろう今後3年間の大きな課題については、使用事例の不明瞭さが24%、技術の複雑さが14%、投資ファンド不足が12%であった。

最後の質問はブロックチェーン技術がもたらす最大の利点についてである。

ビジネスの効率性改善が23%、製品/サービスの差別化が12%、コスト削減が9%、データが増えることで得られるビジネスでの洞察力が9%であった。

これらの調査結果から言えることは、ブロックチェーン技術は世界のテックリーダーから注目を集めているということだ。ブロックチェーン技術が将来普及するかについては、もはや疑うまでもないが、いつ、どのような理由で普及するようになるかについて考える必要があるだろう。

https://www.investinblockchain.com/kpmg-report-41-tech-leaders-want-to-adopt-blockchain-business-next-3-years/