2019年4月30日、イーサリアム財団は新しくホームページを公開した。

ホームページでは、大きく3つの基本原則を謳っている。

一つ目は、「イーサリアムのコミニュティが作り上げてきた各リソースへのポータルサイトである」ということだ。
イーサリアムが、過去数年間に議論してきた内容、フォーラム、ニュースレターなどをベースにポータルを新たに改編したとしている。
すべてのトピックについて、コミュニティが作成したコンテンツへのリンクを優先するといい、時間の経過と共に進化し、常にイーサリアムに最も関連性の高い資料を表示するという。

二つ目は、「コミュニティによって構築されるものである」ということだ。
このサイトはMVPとしてスタートをしているという。
現時点では、4つのサブページ(Beginner、Use、Learn、Build)が用意されている。しかし今後は、様々な参加者によって改善されていくものであると表明している。ホームページの画面が「白」であるのも同じ理由だ。

財団は、現在のランディングページは一時的なものとしており、新しいデザインを提出したい場合やこのサイトを改善・更新したい場合は、「The Contributor Guide」や「未解決問題リスト」を見てほしいと述べている。

引用:ethereum.org

三つ目は、「一般的なプロダクトのウェブサイトではないこと」を強調している。イーサリアムは、世界最大のオープンソースブロックチェーンコミュニティであり、コア技術の開発には、多くの組織が関わっているとしている。
また、そのネットワークは、実際に運用されており、数十億ドル相当のデジタル資産を保護しているとする。
あくまで、製品を販売するためのウェブサイトではないと述べている。

イーサリアム財団は、新規ホームページを発表するまでに多くの時間がかかったとし、関わってきた人たちに感謝の意を示すと同時に、今後もコミュニティのためのオープンソースポータルでありたいと述べた。

そして、非中央集権と独立の精神を継続する以外に、イーサリアムを世界の代表とする方法はないとしている。

イーサリアムHP:https://www.ethereum.org/