2019年5月8日、Anique株式会社は、アニメやマンガ、ゲームなど日本の優れたコンテンツのアートワークを、世界に一つだけ、自分だけのコレクションとして所有・売買できる、ブロックチェーン技術を活用した新サービス「Anique(アニーク)」を開始すると発表した。

Aniqueは、NFT(Non-Fungible Token)というブロックチェーン技術を活用することで、世界に一つだけの特典をユーザーに付与するサービスだ。
今回、デジタル所有権を獲得すると3つの特典があるという。

  1. 作品のオーナーとしてブロックチェーン上に所有の履歴を刻める
  2. アートワークと同じ絵を額装セル画として実際に所有できる
  3. アートワークをプラットフォーム上で世界中の人と売買できる

また、売買金額の一部は製作者に還元され、次の作品を生み出す源になる。

取り扱うコンテンツは、日本のアニメやマンガ、ゲームを中心としたアートワークで、現在人気を博しているコンテンツだけでなく、すでに放送や販売が終了した「眠っている資産」も対象とするとしている。
Aniqueは、世界における日本のコンテンツの流動化と、創り手への新しい収益源の創出を目的としており、新時代のコンテンツビジネスの形を目指すという。

プレスリリースによると、デジタル所有者の名前(オーナー名)は、ブロックチェーン技術により、オーナーとして記録され、売却後も歴代オーナーとして100%証明され続ける。なお、著作権はクリエイターや製作委員会が保有するとしている。

また、作品に関連するラフなどの制作物、特典コンテンツを閲覧することも可能だという。

近年、アニメのデジタル化が進み、アニメはセル画からデジタル作画にシフトしている。セル画は2000年前後を境に姿を消した。
今回の販売では、オーナー1人につき1枚のみデジタル所有する作品を額装セル画として製作し、実際に所有することができる。

サービス開始第1弾コンテンツとして、原作の単行本累計発行部数8,000万部を誇る世界的人気アニメ『進撃の巨人』のアートワーク26点のデジタル所有権を本日より抽選販売する。

なお、アニメ『進撃の巨人』のアートワークは、全て株式会社講談社および『進撃の巨人』製作委員会の公認のもと提供されるという。

Anique:https://anique.jp/ja/cp/shingeki01.html

キャンペーン詳細

受付期間:2019年5月8日(水)10:00~2019年5月20日(月)12:00(日本時間)
当選発表:2019年5月27日(月)以降 ※当選者のみにメールで連絡
販売価格:デジタル所有権    10,000円(税別)
    :デジタル所有権+額装セル画  60,000円(税別、配送費別途)

キャンペーンページURL:https://anique.jp/ja/cp/shingeki01.html