5月13日、マイクロソフトはビットコインのブロックチェーン上に分散型ID(DID)ネットワークを構築していると発表した。

開発チームの公式ブログを介して、「ION(Identity Overlay Network)」と呼ばれるこのプラットフォームは、誰でもDIDが作成可能であり、公開鍵基盤(PKI)を管理するために使用できる、オープンなネットワークだという。
IONは、Bitcoinブロックチェーンの分散化という属性を継承および保持しながら、DIDの世界に必要な規模を提供するように設計されているとする。

また「Decentralized Identity Foundation」と一緒に開発されたことも明らかにした。

マイクロソフトは、最も堅牢な分散型のバブリックブロックチェーン(public blockchains)は、毎秒数十件のトランザクションを処理するが、DIDが浸透した世界での需要を満たさないという。一方でIONにより能力が向上し、毎秒数万件の処理が可能となり、データ処理能力という問題を解決できるとする。

「安全かつプライバシーが保護されたコミュニケーションを可能にする、自己が所有する識別子に裏打ちされた、分散したデジタルIDがすべての人に必要だ。このDIDは、シームレスに人々の生活に統合し、デジタル世界において、人々の行動の中心に置く必要がある。」

Microsoft公式ブログより引用

マイクロソフトIDチームのプログラムマネージャーであるダニエル・ブフナー(Daniel Buchner)は、以下のように述べた。

「私たちが現在使用する最も一般的なデジタル識別子は、アプリ、サービス、および組織から提供される電子メールアドレスやユーザー名だ。これにより、IDプロバイダは、生活の中のあらゆるデジタルインタラクションの管理者になる。私たちの目標は、標準およびオープンソースコンポーネント上に構築された相互運用可能なシステムを介して、何百万もの組織、何十億もの人々、そして無数のデバイスが安全にやり取りできる分散IDエコシステムを作成することだ。」

マイクロソフトは、IONが今後数ヶ月以内にビットコインのメインネットで公開ローンチすることができるよう、オープンソースの提供者と協力する計画だと付け加えた。

Microsoftブログ:https://techcommunity.microsoft.com/t5/Azure-Active-Directory-Identity/Toward-scalable-decentralized-identifier-systems/ba-p/560168

https://kr.thenodist.com/articles/20636