5月16日、ブロックチェーン技術の導入コンサルティングを行う「BlockBase株式会社」(本社:東京都文京区、代表取締役 : 真木 大樹)は、tofubeatsをはじめとした数々のアーティストを発掘した実績を持つ、インターネット上のレコード・レーベル「Maltine Records」、愛☆まどんなのライブペイントシステムやVJソフトの開発を手がけるギーク×ナード集団「コバルト爆弾αΩ」とのコラボレーションを通じ、NFT(Non-Fungible Token)を活用した音楽配信の実証実験を行うと発表した。

BlockBaseはNFTを音楽を始めとしたデジタル・アセットの配信に非常に馴染みやすいユースケースであると考えており、今後も様々な角度からデジタル・アセットの活用の為の道筋を技術検証すると共に、ビジネスモデル構築の観点からも引き続き検討を進める。

■背景と目的

BlockBaseはブロックチェーンの活用において、NFTは重要なテーマであると捉えており、取り組みを開始した当初から、ゲームコンテンツ以外の適用例作りを念頭に検討を行ってきた。インターネットを介した音楽配信のみで数々の実績を持つMaltine Recordsは「音楽コンテンツ × ブロックチェーン」という先進的な取り組みに相応しいと考えており、実証実験を開始するという。

■概要

インターネット上で無償配布される予定のMP3音源ファイルに関するレコード製作者の権利(以下、原盤権)の一部をトークン化し配信するという。

原盤権は一般的にレコード会社が保有している。しかし、今回4つあるMP3ファイル1つ1つを原盤として捉え、ブロックチェーンによって権利関係を明示したトークンとする事で、NFTのマッチングプラットフォーム「bazaaar」での権利移転が可能となる。尚、今回のトークンの配布は抽選とし、当選した人にのみ配布するという。

また、原盤権が付与されないMP3ファイルは、別途無償にて配布をする予定だ。

NFTマッチングプラットフォーム「bazaaar」:https://bazaaar.io/mrm/release

さらに、著作者の権利の一部である翻案権・演奏権がトークン保有により無条件に許諾されることがトークン内に明記されており、トークン保有者は著作者や管理団体に対してその都度使用許諾を得ることなく、これらの権利を行使することができる。

つまり、トークン保有者は原盤権の複製権・譲渡権と著作権の翻案権・演奏権を行使することが可能となり、MP3音源のコピー、配布、Remix、カバー演奏がレコード制作者や著作者にその都度許可を得ることなく自由に行えることとなる。

例えば以下のような活用事例が考えられる。

  • トークン保有者が入手したトークン音源を元にコンピレーションアルバムを作成、CDリリース。
  • トークン保有者が入手したトークン音源を元に新たに作成したRemixをレコード化、リリース。
  • トークン保有者が入手したトークン音源を元にストリーミングサイトでの公開や音源直販サイトで再販売。

■実証実験の目的

音楽などのコンテンツをデジタル・アセットとして配信するのには、DRM的な考えがつきものだが、利便性と複製禁止の実効性を踏まえると、視聴するための権利を販売するような形態は現代には馴染まないという仮説に基づき、原盤権が与えられた音楽ファイルと原盤権の与えられていない音楽ファイルの価値に明瞭な違いを持たせる事を当実証実験の目的としている。

■企業概要

会社名 :BlockBase株式会社 
代表者 :代表取締役 真木 大樹、取締役 山村 賢太郎
事業概要 :ブロックチェーン技術・関連ビジネスのコンサルティング業務及びプロトタイピング開発を含む、開発・企画・運用
設立 :2018 年 9 月 12 日
所在地:東京都文京区本郷3丁目38−1 本郷信徳ビル7階

HP:https://block-base.co/

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000039475.html