中国政府は、政府によるオンライン検閲を回避する行動を規制するため、「ブロックチェーン情報サービス管理規則」を公布した。この規則は、実名制の強制執行などを定めており、2019年2月15日より正式に実施する。

中国国家インターネット情報局は、ブロックチェーンは技術革新と利便性をもたらすが、有害な情報を広めたり、違法行為に使用されてきたと指摘している。 中国政府は、国家安全および人民の共同利益を守るために、今回の規制を実施するという。

「ブロックチェーン情報サービス管理規則」は、実名制に加えて、ブロックチェーンサービスを提供する会社すべてが、サービスを開始する10日前までに登記するよう規定している。
つまり、政府によって承認されないとブロックチェーンを活用したサービスは開始することができないこととなる。

また中国の法執行機関がいつでも調査できるように、ブロックチェーン会社はユーザーデータを6ヶ月以上保存するように義務付けられる。

https://tw.news.yahoo.com/匿名特色-被消失-中國區塊鏈實名制新法下月正式上路-063659752.html