地球温暖化防止を目的とした国連のイニシアチブ「Climate Neutral Now」の代表者は、韓国の非営利団体である「W-Foundation」と気候保護分野での協力に向けた覚書(MoU)に署名した。
5月16日に発表されたプレスリリースで明らかになった。

国連気候変動枠組条約事務局(UNFCCC)は、その覚書に基づきW-Foundationと協力して、暗号通貨による報酬制度を利用し温室効果ガス排出量を削減するための補償を含む世界規模のプロジェクトを推進するという。

覚書は、特にブロックチェーンベースのモバイルゲームおよびW-Foundationブロックチェーンに基づく「HOOXI 」というソーシャルネットワークアプリの実装を目的としている。
iOSとAndroidで利用可能なHOOXIアプリでは、ユーザーは温室効果ガスの排出量を削減するためのミッションを完了することでポイントを獲得できる。
獲得ポイントのランキング上位20%のユーザーは毎月W Green Pay(WGP)という暗号通貨を報酬として受け取ることができるという仕組みだ。

UNFCCC事務局とW-Foundationは2018年11月、このイニシアチブでの協力を開始した。新しい覚書では「HOOXI」の他に多数のプロジェクトが含まれている。例えばHOOXIアプリの中のポートフォリオの一部を対象とするアクションプログラムや、未実現排出量市場での分散台帳技術開発を中心としたプロジェクトなどだ。

国連は暗号通貨とブロックチェーンを検討するのは今回が初めてではない。昨年末、国連は東アフリカでブロックチェーンに基づいた無料の遠隔医療プログラムを開始すると報じられていた。また今年4月には国連航空機関の代表者が、ブロックチェーン技術は航空業界を近代化すると発言している。

W-Foundationプレスリリース:https://www.gcrfund.org/en/united-nations-climate-change-secretariat-and-w-foundation-launches-collaborative-partnership-for-climate-action/

UNFCCCプレスリリース:https://unfccc.int/news/taking-climate-action-via-a-gaming-app