2019年5月2日、フェイスブックがスイスのジュネーブで「リブラ・ネットワークス(Libra Networks)」を商業登記した。ロイターが5月18日に報じた。

公開されている書類には、事業目的として「投資活動、支払い取引、資金調達、ID管理、データ分析、ビッグデータ、ブロックチェーンおよびその他の技術に関連したインフラおよびソフトウェア開発、金融および技術分野でのサービス提供」という言葉が記されている。

フェイスブックは、このプロジェクトのために10億ドル(約1,100億円)の資金調達を行い、長期的な事業計画を作成しているのではないか、という噂が広がっていた。

同社は以前から、新しい支払いシステムの基礎となる「リブラ(Libra)」と呼ばれるステーブルコインの開発を計画しており、すでにVisa、Mastercardといったクレジットカード会社やeコマース大手と提携を協議していると報じられていた。

コインデスクによると、フェイスブックは最近、元コインベースのコンプライアンスマネージャであるジェフ・カートライトとマイケル・ムシャラフィの二人を雇い、ブロックチェーンの取り組みを強化しているという。

米国上院銀行委員会はフェイスブックの創設者であるCEOのマーク・ザッカーバーグに対し「リベラ(Libra)」に関する暗号通貨プロジェクトの情報を提供するよう求めた。

ソース:https://www.reuters.com/article/us-facebook-switzerland-payments/facebook-forms-swiss-fintech-firm-with-payments-focus-idUSKCN1SN1ZT
https://www.coindesk.com/facebook-registers-secretive-libra-cryptocurrency-firm-in-switzerland
https://www.wsj.com/articles/facebook-building-cryptocurrency-based-payments-system-11556837547
https://forklog.com/facebook-zaregistriroval-v-shvejtsarii-blokchejn-kompaniyu-libra-networks/