世界で約15億人のユーザーを誇る人気メッセンジャーアプリ「ワッツアップ(WhatsApp)」では、lite.Imボットを導入することでBTCLTCETHの送受信が可能になった。Zulu Republicチームのボット開発者が5月20日、同社ツイッターで発表した。

同サービスでは他にZTX(Zulu Republicプラットフォームのネイティブトークン)にも対応しているという。

暗号通貨の送受信は、lite.Imボットをインストールし簡単な手順に従うだけで開始できる。デフォルトで使用する暗号通貨や言語(現時点では英語とスペイン語に対応)、パスワードの設定も可能だという。

Zulu Republicの開発者チームはTelegram用に同様のサービスを開始、その後にFacebook Messengerでのサポートを追加した。さらにlite.imではSMSメッセージを使用した暗号通貨取引も可能だという。

ソース:https://forklog.com/u-polzovatelej-whatsapp-poyavilas-vozmozhnost-otpravlyat-i-poluchat-bitkoiny/