米国議会の超党派議員グループは、米国大統領ドナルド・トランプの政権に対し、ブロックチェーンを最新技術リストに加えるよう求めた。
共和党のトレイ・ホーリングスワース(Trey Hollingsworth)氏と民主党のダーレン・ソト(Darren Soto)氏が作成した5月24日付けのオープンレターで明らかになった。
オープンレターは米国国家経済会議のローレンス・クドロウ(Lawrence Kudrow)理事宛てに作成されており、両氏のほか5名の議員が署名している。

オープンレターの中で議員グループは国家経済会議に対し、ブロックチェーン技術専用のフォーラムを開催することや、現在大統領府が作成している「最新技術リスト」にブロックチェーン技術を含めるよう求めている。

米国政府機関はブロックチェーン技術を様々な分野で活用するために研究を進めている一方で、議員グループは「もっと多くのことができるはずだ」と述べている。

オープンレターの執筆者は、ブロックチェーン技術の可能性について以下のように評価している。

「ブロックチェーン技術は、金融サービス、ヘルスケア、保険、貿易金融、サプライチェーン管理分野などにおける取引や情報の透明性、効率性、セキュリティを向上させる。これはあらゆる産業を変革する可能性を秘めたデジタルイノベーションだ」

さらに米国政府がブロックチェーン技術に対して取るべき姿勢として、このように指摘した。

「米国は技術革新の世界的リーダーとしてのポジションを維持するため、政治家、民間および学術部門と協力し、ブロックチェーン技術の研究開発を推進するべきだ。部門間の政策、標準化、スケーラビリティ、および実装の問題に対処するために、官民双方にとってのメリットを探求することが必要だ。またそれとは別に、積極的な規制アプローチについても議論の必要がある。」

https://hollingsworth.house.gov/news/documentsingle.aspx?DocumentID=601