2019年6月6日、LINEとビザ(VISA)は戦略的包括パートナーシップ提携を結び、今後、両社における世界規模の加盟店やユーザーベースを活かした新たなフィンテックサービスを開発・提供していくと発表した。

今回の発表の要点は以下の4点だ。

  1. 一般ユーザー向け決済サービスにおける提携
    LINEが抱える、月間1億8,700万人という世界中のアクティブユーザーは、「LINE Pay」内からVisaブランドの「デジタル決済対応カード」の申込み・利用が可能になるほか、既存の「Visaカード」を「LINE Pay」に連携してスマートフォン決済に利用することも可能になる。
    また、ポイント還元等のロイヤリティプログラムや利用特典における協業や、海外旅行の際にVisaのネットワークで「LINE Pay」で支払い可能になるような新機能も提供していく予定だという。
  2. 加盟店
    「LINE Pay」ユーザーが全世界約5,400万のVisa加盟店でも「LINE Pay」を使って決済できるようになるという。これにより、店舗側が「LINE Pay」の直接加盟店になっていなくても、Visa加盟店であれば利用可能になり、決済通知や履歴も「LINE Pay」 内で確認できるようになる。また両社は、グローバルに相互運用可能な決済ビジネスの継続的な成長の促進をめざし、加盟店向け「LINE Pay」サービスや「LINE Pay」のサービス自体との連携についても協業していくとしている。
  3. フィンテックサービス
    両社は、ブロックチェーンを基盤としたB to Bや国際間決済に加え、代替通貨取引を可能にする新しいサービスを開発。
  4. 共同マーケティングの実施
    東京2020オリンピック競技大会に先駆け、独自のマーケティングキャンペーンやプロモーションにおけるパートナー契約を結び、大会およびその後に向けて、日本のキャッシュレス化推進に貢献。

今回の提携発表は、日本と台湾におけるブランド提携カード「LINE Pay Visaクレジットカード」の取り組みに加え、協力範囲をさらに拡大したものだという。この「LINE Pay Visaクレジットカード」は、日本では今年中に導入される予定とのこと。

LINE Payの高永受(コ・ヨンス)代表は以下のように述べた。

「LINE Payは単なる決済手段ではない。キャッシュレス社会へと移行する中、全世界のLINEユーザーおよびビジネスパートナー企業に対して単なる決済サービス以上の付加価値を提供できるサービスを目指している。この提携により、Visaの世界規模のネットワークと革新的インフラ基盤の恩恵を得られるようになり、LINE Payユーザーにさらなる利便性を提供できるようになることを期待している。」

また、Visaのアジア太平洋地域担当リージョナル プレジデントのクリス・クラーク氏は次のように述べた。

「台湾でVisaの提携ブランドプログラムを利用するユーザーは現在230万人にのぼっており、世界の中でも最も急速に成長を遂げているプログラムのひとつとなっている。この勢いを、世界中のより多くの市場における、さまざまな新たなソリューションに展開することを楽しみにしている。LINE Payチームは「LINE」ユーザーの日常決済を便利にする様々な機能を拡充しており、今後さらに世界規模での成長を目指しオープンループ・エコシステムを構築するにあたり、利用者、加盟店やビジネスパートナーにとって「LINE」のユーザー基盤とサービスに対するロイヤリティの高さと可能性に非常に期待している。」 

LINEプレスリリース:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2019/2733