2019年6月8、9日の2日間にわたり、クォントスタンプ・ジャパン、NodeTokyo、NeutrinoHashHubは、ブロックチェーン技術の初中級者を主に対象としたブロックチェーンハッカソン「Decrypt Tokyo 2019」を共同開催した。

今回のハッカソンではブロックチェーンの初中級者を中心に、2日間にわたって本格的なブロックチェーンアプリケーションの企画立案から開発に挑戦。

全国から学生・社会人を含む約100名が集まり、20チームほどに分かれアイディアを競った。
スピーカーとして参加している、実際に事業・サービスを開発しているメンターからアドバイスをもらい、ブロックチェーンを活用した斬新なプロジェクトが多数発表された。各チームに対して審査員から様々な質問が飛び交い、ハッカソンは大いに盛り上がった。

「プロジェクト開発中の風景」

ハッカソン以外にも協賛企業がブロックチェーンに関する技術や活用事例等について講演するテックトークや、個人のプログラミングスキルを競い合う「プログラミングチャレンジ」なども開催された。

以下、受賞チームのサービス概要を記載する。

  1. 優勝 「仮想お墓ゲーム」
    サービス概要:ブロックチェーン上に故人の情報を記録し、NFTでお墓をトークン管理
    ポイント:故人のメモリアル写真管理、親族・友人・他人といったセグメント別の権限管理、投げ銭機能付き、御墓参り、先祖供養、お墓の管理からの脱却、偉人のお墓を作るなどゲーム要素もある
  2. 準優勝 「MYPAYPAY」
    サービス概要:働き方改革を背景に、個人が簡単に契約書作成や給料を分単位などでマイクロペイントが可能となるサービス
    ポイント:簡単にコントラクト作成、支払いを日・分・秒単位でその都度支払い可能、あらゆる仕事・実績をBC上記録・閲覧可能にすることで個人の信頼性を向上
  3. 3位「COME-ON!! “Attract Attention”」
    サービス概要:イベントやキャンペーンをトラストレスなコントラクトプラットフォーム
    ポイント:注目を集めたい企業がプラットフォームでセールやキャンペーンを作成すること信頼性を担保でき、ユーザー獲得に繋げ、ユーザーはセールへの信頼性が向上することによって安心して参加できる。

総合順位

4つの評価項目における特別賞

  • オリジナリティ特別賞 「Cashapon」
    インターネット上のガチャポン
  • 技術完成度特別賞  「Encrypt My Data」
    decentralized なパスワード管理ウォレット
  • ユーザビリティ特別賞  「Clowd Insurance」
    多数決や保険料に応じたインセンティブ設計を組み込んだクラウドによるオンライン保険サービス  
  • 社会的影響力特別賞  「D-Media – Decentralized Social Media」
    フェイクニュースや偽アカウントなど抑止する新しいソーシャルメディア

審査員特別賞

  • 「IVoS」
    NFTを活用し「アイドルの声」を自分のものだけにできるサービス
  • 「AiPlus」
    「恋愛×ブロックチェーン」で信頼できる恋愛関係を構築するサービス
  • 「RushHour Reduction」
    混雑時間帯を回避したい人などにインセンティブを渡すことによって電車の混雑を緩和するサービス
優勝した「仮想お墓ゲーム」チーム

海外の大学からインターン生も参加するなど、全体として非常に活気があり、エンジニアのブロックチェーン技術に対する関心の高まりや社会実装に向けた盛り上がりをおおいに感じることができるハッカソンであった。