メタップスグループの韓国子会社であるMetaps Plus Inc.(代表取締役社長・Seungyeon Kim、 以下、「メタップスプラス」)は、日本でブロックチェーンスマートコントラクト技術を利用した「KYC(Know Your Customer)」の基盤技術に関する特許を取得したと発表した。

発表によると、ブロックチェーン上で実現する「KYC」は、スマートコントラクト間のトークンの流れを利用して、ユーザーの識別手続き解決するための技術だという。

ユーザーのデジタルウォレットアドレスを通じて個人情報を管理、ブロックチェーン内のトークンの流れを制御するための分散型台帳装置及びその利用手段、トランザクション情報ブロードキャスト装置及び利用手段を提供する。

同社は、今回の特許取得に関して以下のようにコメントしている。

日本国内のブロックチェーン関連の特許の中で、唯一ユーザー識別に関連する特許であり、登録された意味は非常に大きいと考えている。
日本国内での個人情報の照会にかかる人的・金銭的コスト、処理時間などの課題を解決し、今後、ブロックチェーンサービスをより身近なものとして普及させる一役になるだろう。

メタップスプラス代表であるキム・スンヨンはこう述べた。

「今回の日本の特許を通じて、韓国を含めて日本国内でのブロックチェーン拡散にも大きな貢献が出来ると考えている。今後も様々な特許登録を通じて、ブロックチェーン関連技術の汎用性拡大に貢献するために最善を尽くしたい。」


 今後もメタップスプラスは、ブロックチェーン技術をベースにした新サービスや新プロダクトの創出を目指していくようだ。