北京に本社を置く暗号通貨取引所を提供するHuobi社の子会社フォビコリア(Huobi Korea)は、フォビグローバル(Huobi Global)が進める「ファストトラック(Fast Track)」のイベントを開始した。

このイベントは、フォビコリア(Huobi Korea)の会員を対象とし、同社の公式フェイスブックを通じて6月10日(月)~12日(水)までの3日間行われる。
同社のフェイスブックページをフォローして「ファストトラック」のニュースをシェアした後、「フォビコリアUID」と参加完了コメントを作成するだけである。 13日の当選者発表後、当選者にはプレゼントを贈呈する予定だ。

フォビグローバル(Huobi Global)が進行する「ファーストトラック」は、主要取引所に上場された新規プロジェクトや市場の関心が高いデジタル資産、コミュニティが活発なプロジェクトなど、優れたプロジェクトの上場を目指す新規プラットフォームである。

上場プロジェクトは参加者により投票で決定され、プロジェクトに投票したユーザーは約50%の割引価格で、プロジェクトのトークンを購入することができる。

ファストトラックは6月13日、最初の投票を控えている。

フォビコリア(Huobi Korea)のバクシドク代表は以下のよう述べた。

「ファストトラックの理解を高めるために進行方法、参加条件、フォビトークン(Huobi Token、HT)、ホールディング期間などを簡単に伝達しようとした。今回のイベントを通じてファストトラックの投資家の関心を高めて、暗号通貨による投資の活性化を導きたい」

https://kr.thenodist.com/articles/30612