2019年6月11日 、Amazon.com, Inc.の関連会社であるアマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(以下、SME)が、音楽権利情報処理を容易かつ効率的に行うためのシステム基盤にアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)の、Amazon Managed Blockchainを採用することを発表した。

発表によると、現在のコンテンツ周りの状況を以下のように述べている。

楽曲などの様々なデジタルコンテンツを作成するツールが安価に手に入ることや、それらを発表できるインターネット環境が整備されたことから、誰でもコンテンツを創作・販売できるようになったことから、クリエイター活動の幅が広がり、コンテンツの権利処理業務に大きなリソースが割かれている。またそれが生産性の低下を招き、コンテンツ創作が阻害されている状況が生まれている。

上記のような背景からSMEは、音楽クリエイティブの生産性向上に貢献することを目指し、クリエイターにとって重要な音楽の権利情報を迅速かつセキュアに処理するために、2019年5月2日より日本で提供が開始された「Amazon Managed Blockchain」を採用することを決定した。

これにより、適切な権利処理を維持しながら生産性を向上させ、新世代のクリエイターやヒットコンテンツを生み出せる環境を作り出すとしている。

「Amazon Managed Blockchain」はフルマネージド型のブロックチェーンサービスで、信頼できる中央機関がなくても、複数の当事者がデータを直接かつ安全に処理および所有できるサービスだ。

一般的なオープンソースフレームワークであるHyperledger FabricやEthereumを使用して、スケーラブルなブロックチェーンネットワークを簡単に作成し管理できる。

ブロックチェーンはトランザクションの信頼性と安全性を保証するためのテクノロジーで、P2Pネットワークによりこれを実現している。

ネットワーク内の各参加者にはトランザクションを記録する共有台帳へのアクセス権があり、トランザクションは不変かつ単独での検証が可能だという。

株式会社ソニー・ミュージックアクシスの執行役員である佐藤 亘宏氏は以下のように述べた。

「SMEが、AWSを利用している理由は、絶えずサービスコストを大幅に削減しながら、高度かつ最新技術を使ったサービスと充実したサポートを提供し続けてくれているからだ。SMEは以前から、クリエイターと音楽の権利情報を守りたいと考えていたが、AWSからAmazon Managed Blockchainが提供されたことから、本システムの開発を決断できた。Amazon Managed Blockchainは高いセキュリティと可用性、柔軟性を兼ね備えていること、また他社と比較した場合に安価で開発できることが採用の決め手となった」

またアマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社の代表取締役である長崎 忠雄氏は以下のようなコメントを寄せた。

「アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、SMEが音楽の権利情報処理システムにAWSを採用したことで、音楽クリエイティブに革新性と柔軟性を提供できることを嬉しく思う。ブロックチェーンはトランザクションの信頼性と安全性を保証することができるため、音楽の権利情報処理といった業務に適したテクノロジーだ。今後、クリエイターが安心して楽曲の創作と販売ができることで、日本発グローバルで活躍できるクリエイターが増えていくことを期待している」

アマゾンジャパンプレスリリース:https://prtimes.jp/my_m3/mypage/action.php?run=mypage&page=detail&company_id=4612&release_id=1002