英国の保険会社リーガル・アンド・ゼネラル(Legal&General)が 米国アマゾン(Amazon)と 提携を結び、企業の給与年金や年金の処理などの業務に管理型ブロックチェーンシステムを導入すると、英国ロイター通信が報じた。

リーガル・アンド・ゼネラル(Legal&General)の年金処理に活用されるのは、アマゾンウェブサービス(AWS)が開発したブロックチェーンである。

AWSは、全世界的に分布したデータセンターで、165以上のフル機能のサービスを提供する世界で最も包括的な企業である。例えば、 広く採用されている クラウドプラットフォームには、ネットフリックス(Netflix)などがある。

銀行やその他の金融機関は、コスト削減や複雑な業務を簡素化するために、ブロックチェーンの技術に多くの資金を投資してきた。しかし、規制や信頼性、システム構築にかかる費用などに疑問点が多く、実証実験の段階に止まっている。

今回の報道についてリーガル・アンド・ゼネラルグループのCEO、トーマスオルルン(Thomas Olunloyo)は以下のように述べた。

「ブロックチェーンは、永久的かつ安全に署名や記録を保管することができ、年金事業の長期的な性格に合っている。」

リーガル・アンド・ゼネラル(Legal&General)は、まず優先的に英国と米国以外の地域にブロックチェーンを導入し、将来的にはこの2か国にも拡大する方針だと明らかにした。

https://kr.thenodist.com/articles/30782