2019年6月18日、Facebookは独自暗号通貨プロジェクト「リブラ(libra)」のウェブページとホワイトペーパーが公開された。

ビザ、Uber、Booking.comなど業界の異なる多くの企業から支援を受けて話題となっているフェイスブックの独自暗号通貨「リブラ(libra)」、公開されたホワイトペーパーからその概要を読み解く。

リブラ(libra)の理念

公開されたホワイトペーパーでは、インターネットやスマートフォンが普及したのにも関わらず、未だに多くの人々が金融サービスへのアクセスが制限されていることに触れ、リブラの使命を「シンプルなグローバル通貨と金融インフラを構築し、何十億もの人々に力を与えること」としている。また「あらゆる人々がより良い生活を送るためにお金を再考案し、世界経済を変革する。」と強調している。

リブラが信じて、考えていること

  • 私たちはより多くの人々が金融サービスやより安価な資本へのアクセスを持つべきであると考えている。
  • 私たちは、世界規模でオープン、かつスピーディで低コストで資金を移動できることが世界により多くの経済的機会とビジネスを生み出すと信じている。
  • 私たちは、今後ますます人々は分散型のガバナンスを信頼するようになると信じている。
  • グローバル通貨と金融インフラが公共なものとして設計・管理されるべきであると信じている。
  • 私たちは、ファイナンシャル・インクルージョンを推進し、倫理的な存在をサポートし、エコシステムの公正さを継続的に支持する責任を負っていると信じている。

ファイナンシャル・インクルージョンとは、資産や地域に関わらずあらゆる人々が生涯にわたり経済的に安定した生活を営むことができるよう、金融の知識やノウハウ提供、金融サービスへのアクセス等の支援を行うことだ。

ブロックチェーンにはアクセシビリティと信頼性というようないくつかの問題があるとしながらも、分散型のガバナンスやオープンアクセスであること、暗号化によるセキュリティなど固有の特性があると述べている。
一方、既存のブロックチェーンシステムはどれも未だに汎用性があるとは言えず、不安定さとスケーラビリティの問題から広く一般に採用されていない。
これらを解決するために、リブラは様々な業界の規制当局や専門家を含む金融チームとのコラボレーションとイノベーションが大切だとしている。
このようなアプローチを続けることで、より低コストで簡単にアクセスができる世界的な金融システムが構築できるという。

リブラ(libra)の特徴

ホワイトペーパーでは、個人の金融資産を守ることはより簡単かつ直感的であるべきとし、「お金のインターネット化」を達成するために信頼性の高い暗号通貨とインフラが必要だとしている。

そのため、リブラ(libra)は3つの部分から構成されている。

  1. 安全かつ拡張性・信頼性の高い「リブラブロックチェーン」上に構築
  2. 準備金による裏付け
  3. 独立したリブラ・アソシエーションによる管理

リブラブロックチェーンはオープンソースであり、スケーラビリティ、セキュリティ、ストレージスループット、および将来の適応性を優先するようにゼロから構築されているという。

通貨の単位は「Libra」であり、価格が比較的安定するように銀行預金や短期国債などの実物資産のバスケットで裏付けされる。この準備金は長期にわたりリブラの価値を維持するように管理される。

リブラアソシエーションはスイスのジュネーブに本部を置く独立した非営利組織とし、その目的は「リブラネットワークの管理や調整、ファイナンシャル・インクルージョンを支援し導くこと」としている。フェイスブックは2019年まで主導的な役割をするが、その後はその他の創設メンバーと等しい責任や義務を負う。

創設メンバー

  • 決済:ビザ、マスターカード、ペイパル、PayU、ストライプ
  •  テクノロジー・マーケットプレイス:BookingHD、eBay、Calibra(フェイスブック子会社)、ファーフェッチ、リフト、メルカドパゴ、Spotify 、Uber
  •  通信: iliad、ボーダフォングループ
  •  ブロックチェーン: アンカレッジBison Trailsコインべースザポ
  •  ベンチャーキャピタル: アンドリーセン・ホロウィッツ、ブレイクスルー・イニシアチブ、リビット・キャピタル、スライブキャピタル、ユニオンスクエア・ベンチャーズ
  •  非営利組織、多国間組織、学術機関: クリエイティブ・ディストラクション・ラボ、キヴァ、メルシー・コープス、Women’s World Banking
Libraのウェブサイトより

リブラブロックチェーン(Libra Blockchain)について

リブラブロックチェーンの目的は、「新しいグローバル通貨を含む金融サービスのインフラとして機能すること」としている。既存のプロジェクトや研究を以下の3つの要件に基づいて評価した。

  • トランザクションのスループットが高く、待機時間が短くかつ効率的で大容量のストレージシステムを必要とし、何十億というアカウントに対応できること
  • 資金と財務データの安全性を確保するための高度なセキュリティ
  • 柔軟性が高く、リブラのエコシステムにおけるガバナンスだけでなく、金融サービスのイノベーションを促進できる

その結果、新しいブロックチェーンとして設計・構築するという。この新しいブロックチェーン「リブラブロックチェーン」に関してホワイトペーパーによると3つの事項が決定しているようだ。

  1. 「Move」という新しいプログラミング言語の設計と使用
  2. ビザンチン・フォールトトレラント(BFT)コンセンサスアプローチの使用
  3. 広く採用されているブロックチェーンデータ構造(Merkleツリー)の採用

「Move」は、リブラブロックチェーンに「トランザクションに関するカスタム・ロジック」と「スマートコントラクト」を実装するための新しいプログラミング言語のようだ。何十億もの人々にサービスを提供するというリブラの目標のため、Moveは安全性とセキュリティを最優先事項として設計されているという。
また、作成者の意図を正確に反映させるためにコーディングをより簡単にすることにより、意図しないバグまたはセキュリティインシデントのリスクを軽減する。アセットが複製されないように設計されており、デジタル資産を物的資産と同じ特性に制限する「リソースタイプ」を有効にする。リソースは単一の所有者を持ち、1回しか使用できず、新しいリソースの作成は制限されるという。

リブラブロックチェーンでは検証ノードとして参加する場合、アクセス権が付与されている/されていないという2つのパターンがある。

  • 「許可されたブロックチェーン」・・バリデータノード(validator node)を実行するためのアクセス権が付与されている。
  • 「許可のないブロックチェーン」・・技術的要件を満たす人なら誰でもバリデータノードを実行できる。

ホワイトペーパーによるとリブラブロックチェーンは「許可されたブロックチェーン」からスタートをすることになるという。現時点で「許可のないブロックチェーン」を介して世界中の何十億もの人々や取引をサポートするために必要な規模、安定性、およびセキュリティを提供できる実証済みのソリューションがあるとは考えていないとしながらも、リブラが本当の意味でオープンであり、常にユーザーの利益のために運営されるのであれば、最終的にはリブラネットワークは全て「許可のないブロックチェーン」であるべきだとも述べている。

BFTコンセンサスアプローチを採用することで、ビザンチン将軍問題が発生しネットワークの1/3の検証ノードが機能しなくても、正しく機能するように設計されており、リブラネットワークの信頼性を高めるという。

このコンセンサスプロトコルを使用することで、「プルーフオブワーク(PoW)」よりも高いスループット、待機時間の短縮、消費エネルギーの抑制が可能だという。

トランザクションを安全に保存するために、リブラブロックチェーン上のデータはその他のブロックチェーンも広く使用している「Merkleツリー」によって保護されているという。ブロックチェーンをトランザクションのブロックの集合とみなす以前のブロックチェーンとは異なり、リブラブロックチェーンは、トランザクションの履歴と状態を常に記録する単一のデータ構造だという。この実装により、ブロックチェーンにアクセスするアプリケーションの作業が簡単になり、任意の時点から任意のデータを読み取り、統一されたフレームワークを使用し、データの整合性を検証できるという。

「リブラ(libra)」の準備金について

安定性、低インフレ、幅広い需給、代替可能性など世界で最も優れた通貨の特性を兼ね備えるグローバル通貨が必要だとし、独自通貨「リブラ」は、準備金の裏付けとリブラを売買・交換するネットワーク(取引所などの流動性提供者)によって支えられるステーブルコインとして設計されているという。

これは以前の金本位制度と似ている。しかし金を裏付けとするのではなく、安定した信頼できる中央銀行からの銀行預金や短期国債など、低ボラティリティ資産のポートフォリオによって裏付けされるようだ。これはある特定の通貨から見れば「リブラ」の価値はこのポートフォリオにリンクされるため、変動することを意味する。それゆえに経済危機などにおいてもマイナス方向へのリスクを軽減するようにポートフォリオは組成されるとしている。

また、一つだけではなく、複数の中央銀行を選択することによって、カントリーリスクを分散する設計のようだ。バスケットにすることで、リブラ・アソシエーションは中央銀行のように金融政策を設定せず、バスケット内の代表する中央銀行の金融政策を継承する方針だ。これは香港など通貨ボードの運用方法と近い。

「リブラ」は単一通貨に対するペッグ通貨とは異なり、常に同じ金額のある特定の通貨に変換できるとは限らないということだ。この点はバイナンスが発表したビットコインとペッグした暗号通貨「BTCB」とも異なる。むしろ、原資産の価値が変動するにつれて、現地通貨における「1リブラ」の価値が変動する可能性があることを意味している。

しかし繰り返しにはなるが、裏付けとなる準備資産はボラティリティを最小限に抑えるように選択されているため、「リブラ」の保有者は、長期にわたって価値を維持しようとする通貨の性質を信頼することができるという。また準備金は、資産のセキュリティと分散化の両方を実現するため、投資適格の信用格付けを持ち、かつ地理的に分散したカストディアンのネットワークによって保有されるとのことだ。また準備金はユーザーが保有している「リブラ」の残高によって決定されるため、外部要因によって供給が左右されることはないとしている。

「リブラ」を持っている人なら誰でも、旅行中に日本円を現地通貨を交換するのと同じように、為替レートに基づいてを「リブラ」を現地通貨に変換することができるし、暗号通貨の特性から、世界中のどこにいても自分の電話を使って友達にメッセージを送ることができるのと同じように、即座に、安全にそして低コストで同じことをお金で送ることができるようになる。

上記のような設計により「リブラ」の裏付け資産は分散されているため固有の価格を持たない。この点が予想に基づいて大幅に変動する価格を保有する既存のステーブルコインとの大きな違いのようだ。

前述したように、準備資産は銀行預金や政府証券といった長期にわたって利子を生み出す低リスク資産で運用される。発生した利子は、協会の運営費やシステムの費用をカバーする。また運用収益に関しては、初期に資金を提供した投資家への配当の支払いに充てるという。準備金の規模が大幅に拡大した場合に限り、初期投資家への収益は実現するとしている。

リブラのユーザーは直接準備金とやり取りすることなく、発生した利子も受け取ることはない。認可された正規販売代理店を設定し、そこが取引所などを通じて「法定通貨→リブラ」、「リブラ→法定通貨」という流動性を供給する。
リブラ・アソシエーションにより世界の取引所に「リブラ」は推奨され、ユーザーへWebポータルとアプリを提供するとしている。

リブラ・アソシエーションは正規販売代理店の要求に応じてのみ、「リブラ」を採掘、焼却する。準備金に新しく採掘する「リブラ」相応の法定通貨の支払いがなければならないため、リブラ・アソシエーションがシステムにインフレを導入したり、通貨を下げたりする心配はないという。リブラ・アソシエーションは「最後の買い手」として機能する。

「リブラ」の目的は、既存の法定通貨と並存することにあり、最初から法定通貨に対し国際的かつ低摩擦の交換媒体として機能することにあるようだ。

Libraのウェブサイトより

リブラ・アソシエーション(Libra Association)について

上述したように、「シンプルなグローバル通貨と金融インフラを構築し、何十億もの人々に力を与える」という使命のもと「リブラ・アソシエーション」は設立された。多様かつ独立したメンバーで構成され、スイスのジュネーブを本拠地とする非営利団体である。中立かつ国際的な機関であることを目指し、リブラネットワークの推進、開発、拡大、準備金の管理とネットワークの検証ノード間の調整を主な役割としている。

リブラアソシエーション評議会によって運営され、各メンバーの代表で構成される。また「リブラブロックチェーン」の公開までに約100人の会員規模へ成長させるとし、全員が最初の検証ノードとして機能するようにするという。

「リブラ」はまさにグローバル通貨となる可能性を秘めている。またブロックチェーンを活用したオープンアイデンティティの標準規格が開発されるとなれば、分散によって信頼しうるポータブルデジタルIDを多くの人が持つ時代となるだろう。

それにより様々なアプリケーションやサービスが登場する。生まれた場所などに関係なく、誰もが経済的に自由かつ自分らしく生きることができる、そんな未来がリブラが描くエコシステムによってグッと近くなるのかもしれない。
このプロジェクトはスタートしたばかりである上に、まだ多くの課題がある。
しかし、そんな未来は感じさせるホワイトペーパーだ。引き続き注目していきたい。

「リブラ(libra)」Webサイト:https://libra.org/en-US/
「リブラ(libra)」ホワイトペーパー:file:///Users/saitoteruo/Downloads/LibraWhitePaper_en_US%20(1).pdf