Forbesによると、世界的な保険会社「メットライフ(MetLife)」がイーサネットリウムのブロックチェーンを生命保険サービスに導入するという。

同社はイーサリアムのブロックチェーンで構築されたスマートコントラクトプラットフォームである「ライフチェーン(Lifechain)」を公開し、自動で規約や請求処理が正常に実行されているかどうかを判断する。また、メットライフがシンガポールに設立したインキュベーター「LumenLab」と「シンガポールプレスホールディングス(SPH)」、保険会社である「NTUC Income」と共同開発に着手したと発表した。

生命保険は、システムが不透明な部分があり、遺族さえ故人が保険に加入しているという事実を知らない場合が往々にしてある。また感情を整理する間もなく、様々な手続きが必要となるため、遺族にとっては大きな負担となっている。このシステムが導入されれば、生命保険の請求処理過程を素早く効率的に進めることができる。保険業界全体を変革し、新しい市場、商品を生み出し、より多様な顧客に低価格でサービスを提供する可能性がある。

ライフチェーンの処理構造は、政府が、データベースに基づいて、死亡届を発行した時点で、故人のNRIC(National Registration Identity Card)の情報を暗号化し、イーサリアムブロックチェーンで変換した後、NTUC Incomeのデータベースを介して、その生命保険の対象者を検索するという構造だ。

メットライフアジアのCIO、ジア・ザーマン(Zia Zaman)氏はブロックチェーンの技術を利用した生命保険サービスには、以下のような3つの利点があるとした。

  • セキュリティ
  • 既存のデータベースとは別の技術で実現することにより学ぶ点が多い
  • DLTシステムがマルチパーティ参加のために構築されていること

また彼は以下のように付け加えた。

「生命保険の分散型台帳の将来は、一部を政府などの公共機関に依存する形になるだろう。それにより市民および保険契約者がより少ない摩擦、より充実した支払いなどのより良いサービスを受けることができるだろう。」

一方、フェイスブックが発表した「リブラ(Libra)」に関連して、今後の生命保険の満期において暗号通貨を採用するかどうかという質問については、以下のように答えた。

「現時点で計画にはなく、既存の事例に照らして考えてみたことがない。だが完全に排除すると確答することはできない」

https://www.forbes.com/sites/stevenehrlich/2019/06/19/metlife-plans-to-disrupt-2-7-trillion-life-insurance-industry-using-ethereum-blockchain/amp/?__twitter_impression=true