株式会社 bitFlyerは、既存の顧客への本人確認状況の再点検および内部管理体制の強化のため、自主的に一時停止していた新規顧客による口座開設を 7 月 3 日(予定)より再開すると発表した。

口座開設は同社に口座を保有していない日本国内の顧客が対象となる。

場合によっては口座開設完了まで通常よりも手続きに日数がかかる場合があるとし、詳細については、7月 3 日に口座開設を再開した際に改めて同社ウェブペー
ジから確認できるという。

bitFlyerは2018年6月22日、金融庁からの資金決済法に基づく業務改善命令を受け、自主的に新規顧客による口座開設を停止していた。

業務改善命令では、一定の顧客に対して実施が義務付けられている本人確認プロセスに関し、運用の不備があったと指摘されていた。同社は約200万口座に及ぶ既存顧客への再点検の実施と再発防止に向け内部管理体制の強化に取り組んでいた。

今回、そういったコンプライアンス体制に目処がついたことで、自粛していた新規口座の開設に踏み切ったようだ。

大手暗号通貨取引所が新規口座受付を開始したことで、暗号通貨市場へ新しい資金が流れるか、動きが注目される。