ブロックチェーン教育は、それが公的あるいは民間主導の形で、フィリピンでは一般的なものになりつつある。

AMBERLab(Ateneo MediXserve Blockchain Education & Research Lab)はブロックチェーンを「信頼できる分散型データベースの技術、またP2P型の処理システム」と定義付けた。
AMBERLabは、ヘルスケア領域におけるブロックチェーン開発を行うMediXServeと、アテネオ・デ・マニラ大学が共同で設立したイニシアティブであり、フィリピンでのブロックチェーン教育を推進するために新設された組織の一つとして活動している。

Fintech News Networkとの独占インタビューの中で、ConsenSys Solutions Philippines Leadのアイアイ・ガルシア(Aiai Garcia)は、フィリピンではブロックチェーン教育に対し関心が高まっているとしつつも、公的なブロックチェーン教育の整備はまだ初期段階であると述べた。

例えば、高等教育委員会(The Commission on Higher Education)は、大学のために、ブロックチェーンのワークショップを行う機関への政府公認の証明書の発行を義務付けた。

ガルシア氏は、プロフェッショナル認定に関心のある人々にはオンラインで利用できる短期コースがあると述べた。
一方、開発者コミュニティには、BlockDevs、Satoshi Citadel Industries、UnionBankなどが主催するハッカソンやスタートアップコンペなどがある。

同氏はフィリピンでの現状と今後について以下のようにコメントしている。

「アクセスできる多くの教育プログラムのほとんどは、Women in Blockchain ManilaのBlockChats のような、個人組織型(self-organizing)コミュニティにより進められている。これらのコミュニティは学生、社会人、ブロックチェーンに熱中する人たち向けにトークセッションの場を設けたり、地元もしくはグローバルなスピーカーを迎えたりして、講演を開催している。」

(アイアイ・ガルシア)

さらに

「私たちが楽しみにしているのは、教育機関による、より公的な教育プログラムが広く提供されるようになることです。そのようなプログラムによって、フィリピンの技術者はCEZAのような経済特区を盛り上げ、世界で拡大するブロックチェーン開発に対する需要に応えることができます。質の高いインストラクターがもっと教育に関わるようになれば、人々はブロックチェーンの新たなユースケースやビジネスモデルに気づくことができる。」

(アイアイ・ガルシア)

ビットコイン取引所設立のパイオニアであり、ソフトウェア開発会社MergeCommitの創業者で現CEOのジェームス・フロレンティーノ(James Florentino)は、フィリピンのブロックチェーンコミュニティがブロックチェーンに関して、いくつかの重要な発信をしたことに言及した。

「フィリピンの開発者コミュニティは世界に貢献している。確かに質の面では、他の国々がしていることと同等のものではないと言う人もいるだろう。しかし、これは私たちが出来る最大限のことだ。」

(ジェームス・フロレンティーノ)

「フィリピン人が世界の舞台で競争できる機会が持てるよう、私たちはそうした動きを支援しなくてはならない。」

(ジェームス・フロレンティーノ)

フィリピンでブロックチェーンに関する教育を行っている機関の一覧はこちら:

AMBERLab:http://amberlab.org/

Asian Insititute of AI:https://www.asianinstituteofai.com/

Blockchain Space (Manila):https://www.blockchainspace.asia/

ConsenSys Academy:https://consensys.net/academy/

Blockchain Association of the Philippines:http://blockchainphilippines.org/

http://fintechnews.sg/28519/blockchain/blockchain-education-philippines-courses/