SWIFT(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunications)とは、世界中の金融機関が送金指示などの情報を送受信するためのネットワークである。国際銀行間通信協会と訳される。1973年に設立され、ベルギーのラ・ユルプに本部を置く。毎日1万ほどの企業が約2,400万のメッセージをやりとりしている。送受信の遅延や手数料の高さ、ハッキングなどが課題になっている。役割が似ていることからリップルと比較されることが多い。