モネロ(Monero)とは、2014年に発行された暗号通貨である。通貨単位は、XMR。代替性、プライバシー、分散化が重視されている。トランザクションでは、実際のアドレスに紐付けされていない一時的なアドレスが使用され、取引される金額も複数に分散されて処理される。モネロは、すべての人が平等な存在かつ平等な機会を持つに値するという平等主義の概念に基づいている。そのため、コンセンサスアルゴリズムにはPoWを採用しているが、ASICなどの特殊なハードウェアでない一般的なコンピュータでもマイニングができる仕様である。その匿名性の高さから、不正取引に利用されていることが問題となっている。