量子コンピュータとは、量子の重なりおよび量子もつれという量子力学的現象を利用したコンピュータである。従来のコンピュータではビット、つまり0または1で全てのデータを表現している。一方量子コンピュータは0と1の重なっている状態、どちらも同時に存在している状態を表す量子ビットを使用している。これにより、従来のコンピュータよりも指数関数的に速いスピードかつ少ないエネルギー消費でデータを処理することが可能である。金融や軍事、AI、ビックデータ分析など幅広い領域での活用が期待されている。