デューデリジェンス(Due Dilligence)とは、投資対象となる企業の価値やそのリスク等を調査することを指す言葉であり、不動産投資やM&Aの際によく用いられる。ブロックチェーンにおいては、資金調達の主流であったICOでは自らがホワイトペーパー等からデューデリジェンスを行う必要があったが、これに代わる新たな方法、STOIEOは政府機関や取引所を仲介するため、法的なリスクをはじめとしてより精度の高いデューデリジェンスが期待されている。