シェアリングエコノミーとは、物やサービスあるいは場所などあらゆる資産をインターネットを通じて共有する仕組みである。代表的なサービスとしてはUberやAirbnbが挙げられる。ブロックチェーン技術の活用によってストレージ容量や個人データ、デジタルアセットなど無形商材の共有も可能となった。総務省によると、2025年にその市場規模は3,350憶ドルに達すると見込まれている。課題としてはその安全性や不十分な法整備が挙げられる。