Aelf(エルフ)とは、中国発のクラウドコンピューティング型暗号通貨である。通貨単位は、ELF。2017年に公開され、総発行枚数は10憶ELFと定められている。TechCrunchのCEO、マイケル・アーリントン(Michel Arrington)の支援を受けており、AelfのCEO、マーハオブォ(馬昊伯)は中国ブロックチェーン委員会の委員でもある。最大の特徴であるサイドチェーンビットコインイーサリアムなど他のブロックチェーンと結びついて並列処理を行うことで送金遅れなどの諸問題を解消したり、dAppsの構築を可能にする。また、クラウドコンピューティングを基礎にカスタマイズ可能なOSとしてブロックチェーンのLinux経済圏を目指している。コンセンサスアルゴリズムDPoSである。