DPoS(Delegated Proof of Stake)とは、ブロックチェーンコンセンサスアルゴリズムの1つであり、BitsharesEOSにて採用されている。トークンの保有者に対して、トークンの保有量に応じた投票権を割り当てる。その投票により取引の承認者を委任するという仕組みである。トークン保有量が多いほど優位になりやすいPoSや膨大な電力を必要とするPoWの改善策として開発された。ブロック生成を行う承認者を投票によって選出し、限定することでそれぞれのデメリットを克服している。