スマートエコノミーとは、NEOの2017年のブランド変更とともに設定されたビジョンである。ブロックチェーンテクノロジーとデジタルIDを利用して、資産をデジタル化、スマートコントラクトを使用してデジタル資産管理を自動化するというもので、車や住宅をはじめとした非金融資産を正確に追跡することでその取引の透明性や利便性の向上が期待できる。しかし、実物資産は大量に存在するため、それらを追跡するには新たなインフラが必要となる点が課題として挙げられる。