暗号や電子署名に利用する鍵を守る金庫の役目をするハードウェア。
秘密鍵は、絶対に他人に見せてはいけないもので、盗まれるなどして万が一鍵が漏えいするようなことがあれば、暗号を解読されて機密情報が流出してしまったり、ICクレジットカードが大量に偽造されたりする可能性がある。

そのため、安全に保管しなければならないが、ソフトウェアの工夫だけで安全性に限界があり、秘密鍵を保管するハードウェアとして作られた。