オープンソースとは、誰でも閲覧、変更、拡張ができるソースコードを持つソフトウェアのことで、OSSとも呼ばれる。ブロックチェーン技術を活用した代表例であるビットコインイーサリアムもOSSである。一方で、プライベートブロックチェーンと呼ばれるオープンソースではないものもあり、リップルMijinがそれに当たる。企業がOSSを採用するメリットとしては、低コスト、セキュリティの高さ、特定のベンダーに支配されていない安定性や柔軟性、高品質、透明性などが挙げられる。