スマートコントラクトとは、事前に定義された取引内容を自動で検証し実行するコンピュータプロトコルである。1994年にニック・スザボ(Nick Szabo)によって提唱された。スマートコントラクトでは、第三者を介さずに信頼性のある取引が可能で、分散的なシステムで数多くの取引を自動化できる。取引内容は追跡可能で不可逆的という特徴を持っているため、透明性や改竄耐性を担保している。また、スマートコントラクトは従来の取引方法や契約よりも安全性に優れ、関連するコストを削減することができる。イーサリアムにも採用されており、イーサリアムベースの様々なdAppsでも活用が期待されている。