コインチェックは、日本の東京に本社を置く暗号通貨取引所である。和田晃一良らによって設立され、2014年にサービスを開始した。国内の暗号通貨取引所と比較して取り扱う通貨が多く、初心者でも扱いやすいインターフェースであるなどの特徴がある。2018年1月に当時の時価総額で約580億円分のNEMが盗難され、同年4月マネックスグループに36億円で買収された。2019年1月に金融庁から暗号通貨交換業の認可を得た。