Segwit(セグウィット)とは、Segregated Witnessの略であり、ブロックチェーン暗号通貨におけるデータの保存方法をアップグレードする機能である。2015年にピーター・ウィレ(Pieter Wiulle)によって提唱された。複数の暗号通貨が抱えていたスケーラビリティ問題の解決策として開発、実装された。Segwitでは署名情報を既存のブロックチェーンの外に記録、格納することで、ブロックサイズを増やすことなくより多くのトランザクションが処理できるようになる。ビットコインには2017年8月に実装された。