The DAO事件とは、The DAOのシステムがハッキングされ、大量のイーサリアムが盗難された事件である。The DAOとはドイツのベンチャー企業Slock.itによって考案されたプロジェクトで、イーサリアムのブロックチェーンを活用した非中央集権の分散型投資ファンドのプラットフォームであり、2016年にICOが実施された。約150億円の資金調達に成功したが、The DAOの脆弱性を突いた不正アクセスが発生し、調達されたイーサリアムのうち約3分の1が盗難された。なお、イーサリアム自体に何らかの欠陥があった訳ではない。盗難後、イーサリアムのブロックチェーンにハードフォークを行い盗難の履歴をなかったことにするべきかどうかなどの議論が起きた。完了した取引を取り消すというのは中央集権型の考え方であり、非中央集権型であるイーサリアムの考え方を否定するものであったが、最終的にはハードフォークによってハッキングが起こる前のブロックチェーンに戻された。この一連の流れの中で、ブロックチェーンの不可逆性を支持する人々によって、イーサリアムクラシックがイーサリアムから分裂して誕生した。